塗装工事の流れ

  • HOME
  • 塗装工事の流れ

外壁塗装

足場架設

まずは作業するための足場を架設させていただきます。
特に塗装工事を行う上で高所の作業がある場合は、安全面を考慮し、家を傷つけないよう注意をはかり、足場を組みます。

下地調整・養生・高圧水洗浄

下地調整(水洗いなどでの壁面の掃除、ひび割れ・欠損の修正)を行います。
ムラの原因となる外壁の汚れは、外壁を高圧水洗浄で丁寧に洗い流します。
また、余分なペンキの付着を防ぐために塗装する箇所以外の部分は、ビニールでしっかりと覆います。

下塗り

壁面の状態を見極め、下地塗料を選び、しっかりと塗っていきます。

中塗り

壁の吸い込みがなくなるまで何度も塗ります。
仕上がりを左右する中塗りは、大切な下地調整作業です。
密着性や耐久性の塗装性能を高めるために、微弾性フィラーなどを塗っていきます。

上塗り

上塗りは合わせて2回行います。
1回目は、細部まで丁寧に、上塗り材をローラーで塗っていきます。
2回目も同じように上塗り材を塗っていきます。
仕上げの作業になるので、より丁寧に確認し、ムラなどがないよう仕上げていきます。

足場解体後に完成

設置させていただいた足場を慎重・丁寧に解体していきます。
塗装工事完了後の最後の作業になりますので、
お客様の家にキズなどがつかないよう、細心の注意を払います。

お引渡し

お客様にもお立会いしてもらい、キズや塗装のムラなどの確認をさせていただきます。
その後、お客様の了解を得てからのお引渡しとなります。
料金のお支払いは、お引渡し後5日以内とさせていただいております。
施工から完了までの期間は、10日から14日ほどかかります。

サイディング外壁のコーキングについて

コーキング前

コーキング材は建物のつなぎ目の機密性や防水性を高めるための役割を果たします。
時間が経つと次第に劣化していきますので、充填をいたします。

コーキング撤去

古いコーキング材を撤去していきます。
これらを怠ると、新しいコーキング材の接着力に影響が出るため、綺麗に除去していきます。

コーキングプライマー

マスキングテープで養生した後、
新しいコーキング材の密着力を強めるため、プライマーを塗っていきます。

施工完了

新しいコーキング材を丁寧に充填し、コーキング完了です。

コーキング補修

雨漏り防止のため、屋根の隙間や瓦のズレなども補修させていただきます。

補修前
補修前
補修後
補修後

ご依頼・お見積もり・お問い合わせ

無料でお見積もりいたします!まずはお気軽にご相談ください。

  • TEL:059-389-7317
  • FAX:059-389-7318

メールでのお問い合わせはこちら